ページ上部へ

HOME > 鈴木プラスチックスについて > 会社沿革

会社案内

会社沿革

1964年 カードケース専門メーカーとして、昭和区御器所に鈴木プラスチックス工業所を創業
1968年 プラスチック専門メーカーとして販促什器製品の製造も開始
1984年 事業拡大に伴い昭和工場を新設
1985年 事業拡大の為、天白工場を設立
1986年 事業内容拡大に伴い、株式会社鈴木プラスチックスに法人化
同時に昭和工場を本社とする
1990年 ウェルダー加工システム導入
1993年 量販店への事業拡大
1995年 天白工場増設
ペット材の加工をスタート
1997年 事業拡大の為、営業部スタート
1999年 事業拡大の為、天白工場を天白区中砂町に移転
2007年 事業の拡大に伴い、本社及び天白工場を現在地に新設
2009年 NCルーター 1号機 導入
NCルーター 2号機 導入
2010年 パネルソー 3号機 導入
2012年 シャーリング(切断機) 導入
2013年 事業拡大の為、サイン事業部スタート
インクジェット出力機 1号機 導入
インクジェット出力機 2号機 導入
2014年 事業拡大に向け、新工場(島田工場)を増設
2015年 UVインクジェット出力機 導入
2016年 NCルーター 3号機 導入
パネルソー 4号機 導入
事業拡張に伴い、東京営業所の開設
事業拡張に伴い、中砂第2工場を新設
HP Latex360プリンター2台 導入
2017年 レーザー加工機 導入
熱炉曲げ機 導入
パネルソー 5機 導入
仕切自動機 導入
2018年 キーホルダー事業スタート
UVプリンター 10機導入
レーザー加工機 3機導入

2015年 本社工場

2015年 中砂工場

2015年 島田工場

2015年 島田工場 製造部製造7課