ページ上部へ

HOME > 加工技術

加工技術

鈴木プラスチックスの技術

弊社では、アクリル・塩ビ・ペットを中心に切断から諸加工(接着、曲げ加工、印刷等)、幅広く対応しております。
さらに全国発送にも対応しており、納品まで自社工場にてワンストップで行います。

 

 

機械加工

切断加工 断裁機にて材料を切断します。
アクリル・塩ビ・ペット・PP・ポリカ等、様々な材料をカットすることが可能です。
最大加工可能寸法
パネルソー:3200 m/m
断裁機:1500 m/m
切削加工 図面を元にプログラムを作成し、手加工ではできない曲線や円、複雑な形状のものを切削加工します。 最大加工可能寸法
3200x1200
カンナ加工 カットした切断面を削り、仕上げます。端面に角度を付けるテーパー加工も可能です。
ルーター加工 R面取り、C面取りを行います。
穴空け加工 ドリセッターにて穴空け加工を行います。タップ(ネジ切り)加工も可能です。
レーザー加工 アクリルの切断、穴あけ、彫刻や導光板の作成が可能です。

手加工

接着加工 アクリル、塩ビ、ペットそれぞれに対応した接着液を用い、接着面に塗布して形を作り上げていきます。
曲げ加工 ヒーターを利用し、材料を部分的に曲げて形作ります。製品に合わせて、様々な角度に曲げることが可能です。
仕上げ加工 触れた際にケガをすることが無いように小口を削る面取り、小口に光沢をつけるため、ガスバーナーで熱を与えて行うジェッター仕上げ、またコンパウンドを塗布したバフ機にて小口を研磨するバフ磨きを行い、製品を仕上げます。
炉曲げ 材料を全加熱しR形状の木型にそわせて成形します。

印刷加工

 
インクジェット印刷 圧力や熱によってインクを微粒子として射出し印刷します。一度にフルカラーで印刷ができるため、シルク印刷では不可能な多色刷りが可能です。そのため、色当たりのコストも他の印刷方法と比べて低く抑えることができます。 最大印刷幅
1350mm
UVインクジェット印刷 UV(紫外線)を照射することにより硬化するインクを使用した印刷です。素材に直接印刷することができ、乾燥時間が不要な為、短納期にも対応できます。
また、印刷用の版が不要なため、小ロットでの印刷や試作品などに最適です。アクリル以外にも紙、フィルム、塩ビ、木材など様々な素材に印刷が可能です。
最大印刷サイズ
1260mmx2510mm
厚み48mm以下
カッティング カッティング機により、カッティングシートだけでなく、インクジェットシートのカッティングも行います。 最大加工幅
1300mm
ラミネート加工 ラミネーターにてコールドロールフィルムを使用し、印刷加工したシートをローラーで圧着して加工します。
印刷物を保護し、色落ちや摩耗の防止効果があります。また、美観を良くしたり、高級感を増すことが可能です。
最大加工幅
1350mm
彫刻 専用の刃物を使用した彫刻機によって、樹脂板に文字やロゴ等を彫刻します。彫刻後にインク入れ、不要な箇所を拭き取り仕上げます。
社員用の名札や注意喚起の札など、様々な用途の製品を制作できます。
最大加工サイズ
150mmx150mm